手拭いの被り方をご紹介

手ぬぐいを被っている光景をお祭りやそして剣道など日常で見かける事が多いかと思います。

こちらのページでは、特注製作させて頂いたオリジナル手拭いを是非、幅広くご活用いただけるように被り方の一部ではありますがご紹介をさせて頂きます。

手拭いの作成をお考えの際の、休憩としてご覧いただけましたら幸いです。

ねじり鉢巻き

お祭りの踊りや太鼓の衣装として、また店舗やイベントのユニフォームとして、最も定番な手ぬぐい被り方として親しまれています。

ねじり鉢巻きは作成の仕方も簡単で、手ぬぐいを横方向に4回ほど折り、その後両端を持って固くなるまで捻るだけで完成します。

ですがオリジナルてぬぐいの印刷面が見え難い被り方ですので、豆絞りなどシンプルなプリントでのオーダーメイド制作がお薦めです。

喧嘩被り

古くは江戸時代の鳶職人たちがこの被っていた手拭いの被り方で、彼らの喧嘩っ早さ故にこう呼ばれているという説もあります。

両手で手ぬぐいを持ち、中心を額の中央に置きます。その後両端を引っ張りながら捻り、それを後頭部で結ぶとこの被り方になります。

オリジナル手ぬぐいの中心部分が綺麗に見える被り方の一つなので、真ん中に大きく名入れをするような注文制作の場合に最適です。

泥棒被り

「鼻掛け」とも呼ばれる、前方に結び目を作成する「頬被り」の一種です。顎下ではなく鼻下で特注手拭いの端を縛るのが特徴です。

歌舞伎では盗人被りと言われ、時代劇の鼠小僧など、泥棒が使う手ぬぐいの被り方として広くイメージされています。

コントや宴会グッズなどにも使われるため、風呂敷で定番の唐草模様などと合わせた、お安い手拭製作でも楽しめる被り方です。

くわがた鉢巻き

横向きに4回ほど折り、帯状にした格安手ぬぐいを鉢巻として後ろで結ぶ被り方です。結んだ後に両端を下から上へ突き出します。

この両端がクワガタムシの鋏、もしくは鍬形兜に似ているためにこう呼ばれていますが、突き出さないタイプの結び方も存在します。

上品な印象で、髪型の邪魔にもなり難いため、女性の踊り衣装としてオリジナル製作の手ぬぐいを購入する場合などに用いられます。

剣道の面てぬぐい

剣道用に販売される面手拭いは、防具の「面」の下に被る形で使われます。そのため被っていても外観上はあまり目に触れません。

しかし激安価格であっても頭が面と擦れるのを保護したり、汗が流れ落ちるのを止めたりと、この面手ぬぐいには様々な役割があります。

一口に通販の「面手ぬぐい」などと言っても、被り方には様々な種類があり、練習で慣れ親しんだ其々の被り方をしています。

被るのに適した手ぬぐいプリント方法

手ぬぐいを頭に被り使用する際には、印刷面が柔らかく且つ洗える事が出来る事が必須になるかと思います。そこで当店では、下記のプリント方法をご紹介させて頂きます。

尚、オリジナルてぬぐいを洗う際には移染のリスクを避ける為に他の物とは別に単体で洗って頂く事をお薦めいたします。

反応染め

名入れなどの線幅が細かかったりプリント色同士のぶつかりのあるデザインの場合には、こちらの反応染めにて特注てぬぐい作成を行わせて頂きます。

尚、手拭いデザインの細かさで染料の量を調整する関係もあり裏抜け率は最大でも80%となります。

注染め

昔より存在している手ぬぐいの染色プリント方法に挙げられる注染も頭にかぶる用途でのオリジナル製作には最適となります。

生地を沢山重ねて染料を注ぎ込む関係もあり、1枚1枚で味わいある色ムラが出来るのも特徴です。

  • 業界最安値目指します!無料お見積り依頼
  • 何でも相談下さい!無料お問い合わせ