手ぬぐいに適した和カラー

和の色合いには、普段仕様される作成カラーとは大きく異なる雰囲気をもっており、日本独特の感慨深さを演出出来る為にオリジナルの手ぬぐい制作には欠かせません。

と言いましても、和の色には465種類もある為に製作色をオーダーされる際も選択が難しいと思われます。

そこで、激安手ぬぐいのプリント作成に適した和カラーを厳選してお届けします。オーダーされる際の参照にご活用下さいませ。

真紅/深紅

紅色を製作するのには大変な苦労があり、プリントで簡単に表現できる色ではありませんでした。

その紅を奢侈に使った深紅はお金持ちしか手にする事が出来ず、むしろ庶民が普段着の色として作成することは禁色として知られていました。

正に特別感溢れる激安手拭いプリントのオーダー作成カラーの一つであると言えます。

現在ならば、激安価格でもこの色合いを表現する事が出来、格安でプリントされた手ぬぐいとは思えない仕上がりに期待ができます。

秋桜色

ピンクと紫の中間地点に位置する色であり、コスモスの秋桜だけでなく、夕暮れ時にも見られる格安てぬぐいの製作色でもあります。

自然の風景に多数存在する強すぎないプリント色の風合いが、普段使いする手ぬぐいにマッチします。

藍色

これだけは和の作成色としては外せない色であり、ほとんどのお客様が、激安染物に多く見られるプリントカラーだと認識されているのではないでしょうか?

江戸時代から庶民の衣服や暖簾、そしてオリジナル手ぬぐいの印刷に活用されてきており、「JapanBlue」と海外では呼ばれる程に日本らしい色であります。

萌葱/萌黄/萌木色

萌え出て(芽が出て)すぐの葱の色との意味であり、青が入った緑色を指しています。

ちなみに異なる色ながら、同じ読み方と似た意味を持つ「萌黄/萌木色」という格安製作色名があります。こちらは芽吹いた草や木の「黄緑色」であります。平安時代には若者らしさが溢れる色として扱われました。今の時代ならば、エコを想起させる様なてぬぐいのオリジナル制作等に採用できそうです。

山吹色

ほんの少しばかり赤の入った黄色であり、時代を遡って行くと、黄色と言えば山吹色がオリジナルであると言われていました。

時代が進み、「黄金」「大判・小判」の色として認識が広まりましたためにゴージャスさに磨きを掛けたい場面や、格安デザインに高級感を演出したい場合等に手拭いの特注にお役立てくださいませ。

  • 業界最安値目指します!無料お見積り依頼
  • 何でも相談下さい!無料お問い合わせ